フィリピンのニュース

【マニラ】ベンツ製・空港発着エアポートバス「UBE Express」ー安全性が高く利用者の評判は上々
配信日時:2017年9月1日 7時15分 [ ID:4467]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

エアポートバスのUBEエクスプレス(UBE Express)パサイのビクトリーライナーバスターミナルで撮影

 2017年9月1日、マニラのニノイ・アキノ国際空港(ターミナル1,2,3)を発着するエアポートバスのUBEエクスプレス(UBE Express)は、4ルートで運行中だ。正規運賃は300ペソ(約700円)だが、時々実施するキャンペーンでは、150ペソ(約350円)で利用できる。フィリピンのバスのほとんどは、韓国や中国メーカー製だが、このバスは信頼性の高いベンツ製で、安全性を確保している。

 ドライバーと車掌が乗務しており、乗車券は車掌が販売している。スーツケースを置くスペースもある24人乗り。低床バスで、乗り降りも楽。無料WiFiも完備されおり、利用者の評判は高く、リピーターも増えている。

 難点は、運行間隔が2時間おきのルートがあることと、渋滞で発車時間が予測しにくい点だ。もっとも安全に空港とマニラ市内を移動する手段として、お勧めの空港バス。マニラ市内の主要スポット・ホテルと、空港を結ぶ。

エンターテインメント・シティ・ルート
(Entertainment City Route)
運行時間: 午前5時~深夜午前0時
運行間隔: 30分おき

ロビンソンズ・ルート (Robinsons Route)
運行時間: 午前6時~深夜午前0時
運行間隔: 2時間おき

マカティ・ルート (Makati Route)
運行時間: 午前6時~午後8時
運行間隔: 2時間おき

グランプリ・ルート (Grand Prix Route)
運行時間: 午前2時~深夜午前1時
運行間隔: 30分おき

となっているが、減便や大幅な変更もあるため利用前には確認が必要だ。

【編集:AO】

フィリピンの新着ニュース

フィリピン航空A330 Business Class (ビジネスクラス18席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス267席、計309席の3クラス制。LCCのセブパシフィック航空の同機種は436席。信頼感とゆったり感で選択するならフィリピン航空だ)