タイのニュース

サバの塩焼きで大気汚染が悪化!? ー韓国環境部の発表にタイも呆れる
配信日時:2016年5月24日 0時57分 [ ID:3431]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ソウル 2016年5月23日

 2016年5月23日、韓国環境部は「サバ塩焼きにおける、室内で発生する有害物質の調査データ」を発表した。

 これは韓国環境部が6カ月かけて実験を行った結果。密閉空間でサバを焼いた時に、1立方メートルに2530マイクログラムの微細粒子が発生。これは、韓国の大気汚染情報で「非常に悪い」とされる基準、1立方メートル、90マイクログラムの28倍に上るとの内容だ。大気汚染問題などの環境破壊を誤魔化すことを目的に、通常の調理では有り得ない密閉空間での数値を発表したからだ。

 ソウル市内の市場で、この発表について聞いたところ「換気扇の普及率も高い。サバの塩焼きは昔からあった。小役人のやることは、馬鹿げている。中国をかばいたいのかもしれないが、サバの塩焼きなど、一般家庭での調理を調べて何の意味があるのか理解できない。韓国では大事なことは放置。無意味なことばかりして、重要な部分をごまかす確信犯的な習慣がある。誠に情けない」など市民の諦めの声が漏れた。

 韓国では、行政レベルの低さから加湿器の消毒剤で死亡事故が発生しても、長年放置するほど杜撰。サバの塩焼き調査はタイでも呆れられている。

【取材:安麻比呂】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)