タイのニュース

パタヤ港内に係留中の船舶、マンション工事のセメントによる粉塵被害で苦情続出─タイメディア
配信日時:2014年3月1日 4時06分 [ ID:202]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

近年のパタヤは高層マンションの建設ラッシュ。

2014年2月27日、複数のタイメディアによると、パタヤでは通称「バリハイ桟橋」と呼ばれ、ラン島行きフェリーの発着所になっているパタヤ港のボート置き場で、近隣のマンション工事から吐き散らされるセメントの粉塵被害に船のオーナーらから怒りの声がパタヤ市役所に寄せられている。

近年、パタヤ港付近では高層マンションの工事が相次いでおり、パタヤ港の敷地内に留め置いているスピードボートやヨットなどおよそ50隻に、マンション工事によるセメントなどの粉塵がボートを汚し、パタヤ市役所のコールセンターに苦情が増えているという。

パタヤ市とバンラムン郡で被害実態を調査し、建設業者などと協議を行なったところ、建設業者側から作業者を派遣して被害に遭った船を清掃すると回答があったとしているが、マンション工事が終了するまで、当分この被害が続くとして、船のオーナーからは具体的な解決策になっていないという不満の声も出ている。


【翻訳/編集:南巴達雄】

タイの新着ニュース

値段は半額とまではいかないが、他店と比較してリーズナブル。そのため、コスパがいいとして日本人在住者に今一番の人気店と評されている。