タイのニュース

タイの航空機、日本乗入れ禁止に90日間の猶予ープラチン・チャントーン国土交通相
配信日時:2015年3月27日 21時00分 [ ID:1729]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

バンコク・ドンムアン空港に駐機するエアアジアの航空機(そむちゃい吉田 撮影)

 2015年3月27日、タイの報道機関は、タイの航空機による日本への乗入れ禁止情報に関して、国土交通相から、現在運航されている便については、変更がないことや、問題解決に90日間の猶予があることなどを確認した。

 プラチン・チャントーン国土交通相は、現在運航されている定期便については、変更なく運航されると明言した。

 今回の日本からの通達は、90日以内に国際民間航空機関(ICAO)の基準に達しない場合にのみ、乗入れができなくなるものだと強調。

 しかし、この通達により、一部のチャーター便などが影響を受けることと、増便が出来ないことについては認めるとともに、4月から5月のタイの長期休暇期間に少なからず、影響が出るだろうと語った。

 また、プラチン・チャントーン国土交通相は、今後、関係省庁と航空会社は、要求されたICAOの基準に達していることを明確に証明しなければならいと述べた。

 あわせて、改善結果については5月に判断されることと、今回の日本からの通達が、現在のタイの政治情勢とは無関係であることを強調した。


【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)