カンボジアのニュース

未来を見据える中小企業経営者(大久保秀夫塾生)がカンボジアの現地視察に《2》
配信日時:2014年8月7日 8時46分 [ ID:777]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

塾生は、カンボジアの子どもや若者のキラキラ輝く目、真剣に学ぶ姿勢を見て、これから発展していくアジアの潜在的な可能性を、ひしひしと感じることができた有意義な現地視察だったと話している。(写真は、日本語教育を中心とした職業訓練校CIESF )

 2014年8月7日、大久保秀夫塾で経営者としての在り方を学ぶ塾生(22名)が、公益財団法人CIESF(シーセフ)を通じて支援する日本語教育を中心とした職業訓練校CIESF Business Training Center(CBTC) を視察した。

 日系企業のカンボジア進出が増える中、現地採用のスタッフとして活躍できる人材の需要が高まっており、日本語力だけではなく、ビジネスマナーやIT・会計といったスキルも求められている。これからのカンボジアにとって、必要な人材育成の場のひとつがCBTCだ。CBTCの運営は、日本人スタッフとカンボジア人スタッフが共同で行っており、日本から派遣した選りすぐりのベテラン教師も活躍している。

 大久保秀夫塾生が、日本語や職業スキルを学ぶカンボジアの若者に将来の夢を聞いたところ、「日本語教師」、「経営者」、「エステティシャン」と、目を輝かせながら真剣に答えた。「このカンボジアの若者達の活き活きとした姿にこの国の明るい将来が見えた」 と塾生の1人はいう。

 大久保秀夫塾で学ぶ塾生は、これまで日本国が長期間に渡って諸外国に対して行ってきた支援活動、ODA(政府開発援助)などを国だけに依存するのではなく、これからは「民間版ODA」として取り組んでいく方針だ。日本がこれまで培ってきた「三方良し」、「和をもって尊しとなす」などの文化を広く海外に伝え、日本のファンを多く生み出し、将来、少子高齢化で労働人口が減少する 日本に良い影響をもたらしてくれるだろうと信じている。

 今回の視察に参加した22名は決して経済的には豊かではない国、カンボジアの子どもや若者のキラキラ輝く目、真剣に学ぶ姿勢を見て、これから発展していくアジアの潜在的な可能性を、ひしひしと感じることができた有意義な現地視察だったと話している。

【編集:高橋 勇】

カンボジアの新着ニュース