カンボジアのニュース

スポーツの持つ力! 有森裕子さん カンボジアで講演ーENJJ協議会
配信日時:2017年12月30日 9時15分 [ ID:4820]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ENJJ全体会議 「スポーツ・フォー・トゥモロー」

 2017年12月20日、JICAカンボジア事務所が発行するカンボジアだよりNo76に『ENJJ全体会議「スポーツ・フォー・トゥモロー」有森裕子さんが講演』と題する記事が掲載された。

 在カンボジア日本大使館、NGO、JICA、カンボジア日本人商工会が、カンボジアにかかわる経験や課題について情報を共有する「ENJJ協議会」の全体会議が12月4日、日本大使館多目的ホールで開かれました。

 今回のテーマは「スポーツ・フォー・トゥモ ローだよ、全員集合」。2020年の東京オリン ピック・パラリンピックや、2023年にカンボ ジアで初めて開かれる東南アジアゲーム(SEA GAMES)に向けて、日本は官民協働でスポーツを通じた国際貢献や交流事業を推進しています。

 基調講演では、NPOハート・オブ・ゴールド代表理事で五輪メダリスト の有森裕子さんが、「ともに育つ、スポーツを通じた開発」と題して、1996年に自身が始めた アンコールワット国際ハーフマラソンなどについて語りました。

 当初、「カンボジアはまだ復興の途上にあり、生きることが最優先。スポーツなんてだれも関心を寄せない、何にも役に立たないと思った」と半信半疑だった有森さんですが、翌年の第2回大会に集まった子供たちを見て感動したといいます。「2回目の開催を心待ちにしてくれていた。たった一度のイベントが人にもたらした大きな 変化を目の当たりにし心が動いた」。また、「スポーツがどれだけ力を持つのかを知らないアスリートはたくさんいる。私自身が歩んだ道をもって、後輩たちに伝えることができたらうれしい」と話しました。

 会合ではこのほか、カンボジアでのさまざまなスポーツ活動と交流について報告がありました。JICAのボランティアや専門家も、サッカ ー、カヌー、合気道、水泳、空手、クライミングの各競技で協力をしており、活動について語りました。スポーツ・フォー・トゥモローの詳細はこちら。http://www.sport4tomorrow.jp/jp/

【編集:AY】

カンボジアの新着ニュース