タイのニュース

【タイ】第23回パタヤ国際マラソン2014開催―タイで最も過酷なマラソン大会
配信日時:2014年7月27日 11時23分 [ ID:735]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

笑顔でゴールするパタヤ国際マラソン2014の参加者たち。

 2014年7月27日、タイ・パタヤで第23回パタヤ国際マラソン2014が開催された。世界各国から4000人以上のランナーが参加する国際マラソン大会で、セントラルフェスティバル前を出発し、前半は内陸沿いを南下、後半はジョムティエンビーチからパタヤビーチを走り抜けるコース。

 フルマラソン(42.195km)、ハーフマラソン(21.1km)、クウォーターマラソン(10.5km)の3種類のコースが用意されている。フルマラソンのスタートは早朝4:30、走っている間にも気温はぐんぐん上昇していく。タイで最も過酷なマラソン大会として有名。

 日本からも多くのランナーが参加しており、中には3歳の子供と一緒に走るママさんランナーもいた。タイの民族衣装やスーパーマリオのコスプレをして走るランナーもいて、沿道から多くの声援を受けていた。

【撮影/編集:太田雅幸】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)