ミャンマーのニュース

【ミャンマー】伝統ラップ劇団が「シューマン賞」受賞 国軍批判で逮捕のピーコックジェネレーション
配信日時:2020年2月23日 9時15分 [ ID:6163]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

在ミャンマーEU大使(後列左から7番目)とピーコックジェネレーション劇団員ら(在ミャンマーEU代表部提供)

 2020年2月19日、ミャンマーの伝統的ラップであるタンジャの劇団「ピーコックジェネレーション」に対し、EU (ヨーロッパ連合) がシューマン賞を授与した。同劇団のメンバー7人は昨年4月、タンジャの公演で国軍を批判したなどとして逮捕されている。EUは逮捕者がでた芸術家集団を表彰することで、ミャンマー政府に圧力をかけた形だ。

 シューマン賞は民主主義や人権などに貢献した人物や団体に表彰するものだ。受賞したピーコックジェネレーションの広報担当者ナンリン氏は取材に対し、「受賞して嬉しい反面、仲間が収監されていることにはとても悲しい。受賞は我々の努力が認められたもので、今後の励みになる」と複雑な気持ちをあらわにした。

 ピーコックジェネレーションは2013年、学生連合のメンバーらが立ち上げたタンジャの劇団で、社会を風刺する内容の歌詞をリズムに合わせて歌うことで好評を得てきた。昨年4月、国軍をタンジャで批判したとしてメンバーら7人が逮捕、これまでに6人が有罪判決を受けている。

【取材/執筆:リンニャントゥン】

ミャンマーの新着ニュース