ワールドのニュース

【もっと楽しいフィリピン】韓国LCCチェジュ航空利用で人気のリゾート「セブ・ボホール」へ
配信日時:2020年2月5日 7時30分 [ ID:6116]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ソウル空港を出発する、チェジュ航空機(ボーイング737-800型機)

 2020年2月、韓国のLCCチェジュ航空(済州航空)を利用して日本各地からソウルなどを経由して、フィリピンの人気リゾート・セブやボホールを訪れることが出来る。

 セブへは、フィリピン航空やセブパシフィックの直行便が便利だが、時期によっては運賃が高くなることが有るため、リーズナブルな旅を求める節約志向の旅行者から支持を集めているのがチェジュ航空だ。

 チェジュ航空は、新しい機材のボーイング737-800型機が中心。パイロットやCAが実際に食べている機内食と同じメニューを選択できるのもユニークだ。(事前予約購入が必要)

 例えば、釜山乗り換えの場合、チェジュ航空グランドスタッフがトランジット用の手荷物検査に同行してくれ、出発階のフロアまで案内してくれるなど親切で丁寧な対応をしてくれる。

 機内での飲料水も無料で、ボールペンの貸し出しも普通に行われている。機内持ち込みの無料手荷物は10kgまで。100グラムでも超過していたら、追加料金を徴収しようとの雰囲気も無い、まっとうなLCCだ。

 同社のWEBページからチケットを購入するのが便利。

【編集:RL】

ワールドの新着ニュース