ワールドのニュース

『暗号貨幣が世界を変える! 』の著者・中村 宇利氏のエヌティーアイがアースコアバンクと業務提携
配信日時:2019年8月29日 9時00分 [ ID:5866]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! 』(集英社刊)

 2019年8月28日、書籍『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! 』(集英社刊・著者・中村 宇利氏)が注目を浴びている。

 2019年に入り、一時暴落した後に上昇したビットコインの相場は再び下がり、現時点でのマイニングの損益分岐点と言われる一万ドルの攻防を続けているが、今もなお多くの取引が行われている。

 しかし、元マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員で(一社)情報セキュリティ研究所長の中村宇利氏は「ビットコインの消滅はもはや時間の問題」と指摘する。

 言葉のみを受け取ると過激な主張とも思えるが、中村氏はビットコインのセキュリティに大きな問題があると考えている。

 『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! 』(集英社刊)は中村氏にとって挑戦的な一冊だ。価格は、1,600円+税、Amazonでも購入可能。

 また中村 宇利氏が代表を務める株式会社エヌティーアイは、CEO漆沢祐樹氏のエストニア法人アースコアバンク(Earth Corebank Ltd.)とサイファーコアプラットフォーム開発で業務提携した。

【編集:LK】

ワールドの新着ニュース