タイのニュース

タイフェスティバルin仙台 6月8日・9日に開催「仙台―バンコク線の復活を目指す」
配信日時:2019年6月3日 9時15分 [ ID:5709]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

昨年のタイフェスティバルの様子(タイ国政府観光庁提供写真)

 2019年6月8-9日、仙台市の勾当台(こうとうだい)公園市民広場で「第7回 タイフェスティバルin仙台2019」が開催される。地元の商工会議所青年部のメンバーやOB中心の実行委員会が主催する。タイ国際航空の仙台ーバンコク線の復活を目指し、タイを強力に東北地方にアピールすることが目的だ。

 タイ国政府観光庁(TAT)ブースのテーマは「イサーン」。イサーンとは、タイ語でタイ東北地方の事。
観光資料を配布するほか、タイ東北地方の伝統舞踊や、ワークショップを予定している。

 タイ料理のレストランブースも出展。ステージにはムエタイやタイの歌手も登場する。

【編集:KK】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)