ミャンマーのニュース

「ミャンマー祭り2019」東京・増上寺で5/25・26開催
配信日時:2019年5月24日 10時00分 [ ID:5700]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

昨年開催されたミャンマー祭りの様子

 2019年5月25日と26日、東京・増上寺でリアルなミャンマーを紹介する国内最大級の日緬文化交流イベント「ミャンマー祭り2019」が開催される。

 イベントでは、昨年10月から、1年間ビザ取得なしで渡航可能となった「ミャンマーの最新観光情報」を取得できるほか、ミャンマーの本場の味が楽しめる(一品500円前後)。ミャンマー料理の定番「モヒンガー」、後味さっぱりのタマリンド風味が人気の「南ミャンマーまぜそば」など。まだラオスビールほど知られていない「ミャンマービール」も販売される。

 この他には、ミャンマー各地の民族文化体験コーナーや工芸品の販売、交流写真展などを実施。また体験コーナーでは、ミャンマーの民族衣装「ロンジー」体験/記念撮影や、頬やおでこに塗って日焼け止めとしても愛用されている天然素材100%のナチュラル「タナカ」なども試せる。

 親子で遊べるエリア「移動おもちゃ美術館」では、ミャンマーの子どもたちが遊ぶおもちゃの展示や、ワークショップを開催する。

■ステージパフォーマンス(ヤンゴンステージ・光摂殿)

5月25日(土)
 11:00~12:00 ミャンマー伝統芸能(マイサ/ミッター・ファンデーション)
 12:00~13:00 AUNJ CLASSIC/和楽器ライブ和太鼓・三味線・筝・尺八・篠笛・鳴り物。通常一緒に演奏されることのない和楽器を再編成し独自の音楽性を追求する、和楽器のみのユニットから2人の奏者が出演。
 13:00~14:00 ミャンマー伝統芸能(ミャンマーソサエティジャパン)
 14:00~14:50 渋谷ザニー/トークショー・ファッションデザイナー、国連UNHCR 協会広報委員、日本財団プロジェクトアドバイザー。
 14:50~15:30 下町かぶき組/星誠流・茜小雪・夢之丞 次世代の時代劇スターの演劇集団。
 15:30~16:30 ミャンマー伝統芸能(上野優華/NPO PEACE)
 16:30~17:00 すわじゅんこスペシャルライブ・ミャンマーと音楽を通じて交流活動を行うシンガーソングライター。
 17:00~17:30 ミャンマー住みます芸人/byよしもと よしもとの芸人14組21人がアジア7か国・地域に移住、現地の人気者になり、日本とアジアの架け橋になることを目指すプロジェクト「住みますアジアプロジェクト」から、ミャンマー住みます芸人が登場。緑川まり、タイガース、アーキーの3組。
 17:30~18:00 チームぱしふぃっく/すわじゅんこ・モモ・ミャンマー住みます芸人
 
5月26日(日)
 10:00~10:25 書道パフォーマンス
 10:40~11:40 ミャンマー伝統芸能(トクマ×ケイン族舞踊、シャン族舞踊、チン族舞踊)
 11:40~12:00 鳳笙・井原季子/地唄舞・山村楽千代
 12:00~12:20 東京ステップスアーツ/ダンスパフォーマンス
 12:40~14:50 ミャンマー伝統芸能(シャン族舞踊、チャン族舞踊、MASBO)
 14:50~16:00 曼珠沙華 豪華な黄金絵巻の世界を演出。

場所 :増上寺(浄土宗大本山)境内、光摂殿講堂
所在地 :東京都港区芝公園4-7-35
日時 :2019年5月25日(土)10:00-18:00
26日(日)10:00-16:00 
※雨天決行

【編集:WY】

ミャンマーの新着ニュース

「トゥルノサイド」は、ロヒンギャ側武装勢力によるとされる虐殺事件を描いた(ヤンゴン、撮影:北角裕樹)