フィリピンのニュース

【もっと楽しいフィリピン】Fortune Hotelもある「海の街」ーサマール島カトバロガン
配信日時:2018年12月14日 9時15分 [ ID:5379]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

サマール島カトバロガン 港市場の新鮮野菜 (2018年12月8日撮影)

 2018年12月8日、サマール島サマル州の州都として発展するカトバロガンは、港を中心に街が形成されている。

 フィリピン各地に点在する標準的な港街。近くに点在する小島から、毎朝新鮮な魚が市場に運ばれてくる。色鮮やかな野菜も豊富でゆっくりと毎日の日常が繰り返されている。

 隣のバスターミナルは、中長距離バスの発着場所で、赤、黄、緑などの古いバスが並ぶ。リーズナブルなFortune Hotelは、規模は小さいが、この地域では珍しく温水シャワーとレストランを備えている。1泊1ルーム(2名利用)980ペソ(約2100円)。最寄りの空港・レイテ島タクロバンからは、車で約150分。人生に疲れたら、素朴なフィリピンを感じられる地域への旅がお勧めだ。穏やかな波の日は、点在する小島めぐりも楽しそうだ。

【編集:MO】

フィリピンの新着ニュース

フィリピンの竹あみ製品ブランド『Mabaysay by Eva Marie Arts 』実演販売(2019年5月、タクロバン・サミットホテル「HUAWEI Mate 20 Pro」で撮影)