タイのニュース

「バーン・ムアンポン」で、本格的なタイヤイマッサージを体験
配信日時:2018年11月29日 9時15分 [ ID:5364]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

刺繍作り タイヤイ族の昔ながらの文化・風習が色濃く残された「バーン・ムアンポン」(2018年11月22日・撮影)

 2018年11月22日、日タイ・ビジネスフォーラム(JTBF)とタイ国政府観光庁(TAT)共催「日本兵の足跡を辿る旅、チェンマイ、メーホンソーン、ランパーン、ナコンサワン」の参加者は、タイヤイ族の昔ながらの文化・風習が色濃く残された「バーン・ムアンポン」を訪れた。

 クップタイ(タイヤイ族の帽子)や、刺繍作りを見学したほか、胡麻餅作りにもチャレンジ。ハーブをふんだんに使ったマッサージも体験した。

 マッサージ施設のマネージャーは「多くのタイマッサージはリラックスを目的としていますが、タイヤイマッサージ(シャンマッサージ)は、自然治癒力に働きかけて、体調不良を改善するために行っています。そこが大きな違いです。民間療法の医療的な行為として受け継がれてきたのがシャンマッサージです。マッサージ終了後は、血行が改善され体が軽くなります。最初に、膝の前後にショウガをベースに各種生薬を混ぜたペーストを塗り、膝を布で巻きます。同時に足と腕をハーブ(効能の高い生ハーブを中心に使用)で温浴することで体を温め発汗させます。それから、シャンマッサージを行います。ルーツはタイマッサージと同じですが、医療マッサージ的な側面が強いのです。この地域の人は、体調不良になるとココに来て治療します。それでも症状が改善できない大病の時だけ、街の病院に行くのです。かかりつけのクリニックのような存在です。また13キロ離れた場所には温泉もあり、併用しています」と話す。(通訳、ボーナス・スマイル・ツアーのルンさん)

 この他に、タナカ(美白のための数種の樹木が原料の粉)でのフェイス・マッサージも施術している。

 「バーン・ムアンポン」に行くには、メーホンソーン空港から、車で約2時間。バンコク・ドムアン空港から、メーホンソーン空港までは、プロペラ機で約1時間55分。

【編集:LampangY】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)