フィリピンのニュース

【もっと楽しいフィリピン】クリスマスシーズン入りー郊外型S&Rでも、クリスマス用品販売開始
配信日時:2018年10月1日 15時00分 [ ID:5298]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

クリスマス室内ディスプレイ商品が店頭入り口のコーナーにS&R(2018年10月1日撮影)

 2018年10月1日、多くの人が祝うクリスマス。フィリピンのクリスマスは年間を通して最大のビックイベントと位置付けられ、早くも郊外型S&Rでも、クリスマス用品販売が開始されている。

 店頭入り口の一番目立つコーナーには、室内用のディスプレーや、クリスマス列車のセットなどが置かれた。

 カトリック教徒の多いがフィリピンでは、イエス・キリストの誕生日、12月25日を祝うのがルーツ。

 ショッピングセンターでは、9月からクリスマスソングを流しているところも多く、11月には、準備が本格化し、国中でクリスマスソングが流れ、ショッピングセンターでは、クリスマス商戦がスタート。早めにプレゼントを購入する人も多い。

 12月16日から「Simbang Gabi(シンバング・ガビ)」と言われるミサが午前3時から5時まで行われ、24日までの9日間、キリストに祈る。これはフィリピン独特に出来たクリスマス文化で、信仰心の高い人は、16日から毎日早朝のミサを行うために教会へ向かう習慣になっている。

【編集:KH】

フィリピンの新着ニュース

授乳中の母親のロッセルさん28歳、カレック君1歳(2018年12月7日撮影)