フィリピンのニュース

7Dブランド・ドライマンゴー安定供給でスーパーの特売商品に
配信日時:2017年10月25日 10時15分 [ ID:4699]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フルーツドリンクコーナー・マニラ郊外のスーパー

 2017年10月、一時期品薄状態になっていたフィリピンのドライマンゴー。供給量が増えスーパーの特売商品としても登場するようになった。

 マニラ空港では、160~200ペソ程度で販売されている7Dブランドの100グラム入りドライマンゴーは、このスーパーでは105ペソで購入できる。またマンゴーが濃いと評判のGinaマンゴーネクター(240ml.)は32.5ペソ。

 4月頃、主要スーパーやコンビニの店頭から姿を消したドライマンゴー。原因として中国人旅行者の爆買い説が流布されていた。※100ペソは約225円

 WEBサイトのJTBショッピングではハワイ土産として取り扱われており、6個セットが通常価格 税込4,860円(一つ810円)で販売されている。内外価格差の大きな商品だ。


【編集:AO】

フィリピンの新着ニュース

サマール島カトバロガン 桟橋では干物作りの光景が見られる(2018年12月8日撮影)