タイのニュース

タイ日野販売の協力で、山岳部公立学校に大型四輪駆動車を支援ー在チェンマイ日本総領事館
配信日時:2017年9月28日 15時15分 [ ID:4651]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

署名式の様子

 2017年9月28日、在チェンマイ日本総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「チェンマイ県メージェム郡バーンクンメーナーイ校四輪駆動送迎車整備計画」の支援を決定し、川田一徳総領事とバーンクンメーナーイ校のドゥシット・スックサバイ校長との間で署名式が行われた。Hino Motor Sales (Thailand) Ltd.(以下、「タイ日野販売」)の中村伸社長が立会人として出席した。

 バーンクンメーナーイ校は、チェンマイ県メージェム郡メースック地区の険しい山岳部に位置する公立学校で、児童送迎や学習用資材及び食料の輸送が困難な状況にある。そのため、同地の過酷な道路環境でも利用可能な安全で効率的な送迎や輸送を可能とする大型四輪駆動車の整備が喫緊の課題となっていた。

 大型四輪駆動車の整備計画に対して総額3,162,000バーツ(約990万円)の支援を決定した。タイ日野販売は、児童送迎時の安全確保を目的とした改良をするほか、Chairatchakarn (Bangkok) Co.,Ltd.より2年間の無料メンテナンスサービス、運転担当者への安全運転教育や日常点検指導などを実施する。

【編集:YS】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)