ミャンマーのニュース

【ミャンマー】ミャンマー空手界、東京五輪目指し始動
配信日時:2017年2月18日 9時00分 [ ID:4095]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

表彰されたミャンマー選手と記念撮影をする谷山卓也氏(ヤンゴン、撮影:北角裕樹)

 2017年2月18日、ミャンマーの空手界が2020年の東京五輪に向け本格的に動き出している。1月には長年ミャンマーで指導してきた空手家の谷山卓也氏の名を冠する空手大会がヤンゴンで開催された。そのほか、ヤンゴン在住の日本人らもミャンマー空手界をサポートする動きを見せており、ミャンマー代表がどこまで五輪に近づけるかが注目だ。

 ミャンマーでは、古くから日本人指導者が空手を教えてきた歴史があるほか、旧日本軍の流れをくむミャンマー国軍も奨励していることから、空手が盛んだ。ミャンマー空手連盟の幹部によると空手は「サッカーに次いで競技人口が多いスポーツだ」という。

 1月14日から2日間開かれた「谷山卓也杯空手大会」には、ミャンマーの若手空手家数十人が参加し、型や組手で技を競った。トーナメント終了後、谷山氏は「国際的に通用する素質を持つ選手もいる。あとは経験が必要なので、大会を開いて経験を積ませたい」と話した。

 大会関係者は「この大会をきっかけに東京五輪に向け盛り上げていきたい」と話す。在ヤンゴンの日本人らは子供向けの空手教室を開き、ミャンマー人空手家に指導してもらうことで、ミャンマー人空手家の活躍の場を増やす活動を進めている。ミャンマー人空手選手が東京五輪の舞台に立つことができるのか、あと3年余りで答えが出る。

【執筆:北角裕樹】

ミャンマーの新着ニュース