タイのニュース

【タイ】崩落した仏頭に幸運? 注目は宝くじの番号─東北部ナコンパノム県
配信日時:2014年5月2日 23時09分 [ ID:404]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

宝くじの高額当選を願って祈る参拝客。

 2014年5月1日、タイメディアによると、先日、崩落した大仏の頭に売却の疑惑をかけられ、職員が否定する騒ぎがあったばかりのタイ東北部ナコンパノム県の寺院が、一転、仏頭に幸運が宿っていると注目を集めている。

「仏頭の顔の部分に915か815と読めるキズのようなものを見つけた!」

 売却騒ぎを聞きつけた住民らが、仏頭に数字らしきものを見出したとの噂が話題になり、宝くじ好きなタイ人たちが我も我もと駆けつけるようになっているという。

 タイでは毎月1日と15日に宝くじの抽選発表が行なわれる。5月は1日がメーデーの祝日のため、2日に繰り延べて抽選が行なわれた。この抽選を目前に控えた時に宝くじに人生の一発逆転を夢見る周辺住民などで、境内には参拝客が急増している。

 疑惑が一転、参拝客が押し寄せている寺院の関係者は戸惑いを隠さずに、「全く奇妙なことだが、彼らが迷信や噂に振り回されないことを願っている」と語っている。

 果たして、参拝者に幸運が巡るのか、寺院に幸運が舞い降りたのか。真実は仏のみぞ知るところだ。

【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)