タイのニュース

【タイ】やっぱり悪評の目立つ中国ーチェンマイ
配信日時:2016年11月17日 17時40分 [ ID:3930]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ごく一部の非常識な中国人の影響で、国ごと嫌われてしまう中国。チェンマイ・ピン川の注意垂れ幕には、タイ語と中国語での注意喚起。

 2016年11月17日、タイでの中国人観光客の奇行や事件が、中国国内でも度々報じられ、それに対しての素直な反省は無く開き直り的な国民性。もちろんこうした非常識な人は中国国民の1%にも満たない少数だが、迎合しやすい国民性も災いして、先導する人がいると一緒になってデモ的な騒ぎに発展してしまう残念な民度。こうしたこともあり、親中派が増えない。

 観光客だけではなく、中国外交部の高圧的な記者発表や、南シナ海問題など、様々な問題が世界で中国嫌いの人を生み出す原動力になっている。温厚で親切なホスピタリティの強いタイ人も、中国人への対応には苦心させられているのが実情だ。

 タイ古式マッサージ店の多いチェンマイ。中国語での案内看板も出ている。チェンマイでのタイ式マッサージの価格は2時間で400~600バーツ(1200~1800円)100バーツ程度のチップを渡すのが慣例になっているのだが、チップを渡すの拒む人も少なくない。大声で騒ぐ人もいて、中国人以外の利用者からも不評だ。ベテランのマッサージ師は「できれば中国人以外の人を施術したいんです。細かな指示の多い人もいて大変なんです。やたらにモミの強さを求めてきたリ、タイマッサージの基本を理解されず困ってしまいます」と溢す。

 ホテルの部屋の備品を持ち帰ってしまう人や、部屋を汚す人、バイキングの料理をたくさん取りすぎてしまい、食べきれず残してしまう人。

 些細な事でも、大声でクレームを出す人など。日本人にも非常識な人はいるが、その比率は100倍くらい差があるようだ。

 タイをロングスティ先として選択する中国人も増えている。住宅購入の人気都市はパタヤ、サムイ島、プーケット島、チェンマイ、バンコクの順番。 また、価格の安いその周辺地域を購入する人も徐々に拡大している。


【編集:UG】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)