タイのニュース

【タイ】ランパーンの寺院に、浄財お礼人形が登場!
配信日時:2016年11月13日 9時27分 [ ID:3923]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ワットプラタートランパーンムアン、ランパーンの市街南西約20キロメートルに位置する。高さ45メートルのランナー様式の仏塔があるほか、15世紀半ばに建てられた3層の屋根をもつチーク材を用いた本堂は、タイ最古の木造建築の一つとして知られる。

 2016年11月12日、タイ第4の都市、北部のランパーン。チェンマイからのオプショナルツアーで同地を訪れる日本人観光客も多い。

 新たに、浄財お礼人形を設置した寺院では、赤のボックスに浄財をいれると、人形がお辞儀をして感謝の気持ちを伝えてくれる。珍しさから評判になり、1カ月に約1万バーツ(約3万円)の寄付が集まるそうだ。

 ランパーンは、19世紀初頭、イギリス人商人に伴ってミャンマー出身の職人たちがやってきて、ビルマ様式の木造寺院を建てた。重要文化財に指定されたタイ国内最大規模のものも。美しい色彩と調和のとれた、精緻な彫刻が施された木造の何層にも重なる屋根には、目を見張るものがある。

 ランパーンは、バンコクから北へ約600キロメートル、飛行機で約60分。バスや急行列車で約10時間。

【編集:TY】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)