タイのニュース

中国製偽物SHUREの定番マイクSM58ータイ・メーサーイでも販売
配信日時:2016年5月3日 5時31分 [ ID:3361]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

中国製偽物SHURE定番ボーカルマイクSM58。一目見ただけでは、見分けがつかないほど、パッケージも完成度を高めている、世界の工場・中国のコピー力は世界No1。ヤマハの偽物マイクも(タイ・メーサーイ)

 2016年5月2日、日本でも幅広く使用されている、アメリカSHURE社のダイナミックマイクSM58の偽物が、ミャンマーに接するタイの国境の街・メーサーイでも売られている。

 中国→ミャンマー→タイのルートで輸入され、販売価格は350タイバーツ(約1,100円)。店員によると「音は本物に比べるとかなり落ちますが、売れ筋の人気商品です。屋外で使うには安いのでニーズが高いんです。スコールで濡らして壊れてしまっても、この価格なら、あきらめもつきます。都市部ではコピー商品を警察が摘発しているので、バンコクや、チェンマイから買いに来るお客さんも少なくないんです。価格差も本物とは10倍以上ありますから、小さな屋外イベントでは偽物が重宝されています。また、BETA58Aは、今は品切れですが、500タイバーツ(約1,500円)で販売していました」と話す。

 ヤマハのマイクや、キャノンの双眼鏡など、この店の取扱商品はすべて偽物、コピー商品と公言して販売しているので、問題はあるものの良心的だ。

 日本でも、オークションや通販サイトで中国製の偽物SM58が流通しているので、注意が必要。本物(正規)のSM58は、日本では12,420円(サウンドハウス)で販売されている。

 タイは、おおらかで優しい人が多く、少々の不正が行われても「マイ・ペンライ」(大丈夫、気にしないで)と許し合う社会だ。

【編集:KH】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)