タイのニュース

【タイ】日本紹介の番組が成田ロケで驚いた本物とは
配信日時:2016年1月29日 17時00分 [ ID:3034]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

市場内の小古間商店で説明を聞くtadaima撮影ロケ隊。(写真提供:tadaima)

 2016年1月29日、昨年10月にスタートした日本を紹介する番組tadaimaが、新たに千葉県成田市でロケを行った。タイのメディアは、毎月のように来日し、日本人も普段は行かないようなところへスポットを当てて行く、とどまるところを知らないタイ人の好奇心をもとに向かったロケの様子をお伝えする。

 タイでは現在、地上波テレビだけでも10以上の日本関係の番組が毎週放送されている。さらに最近では、マイペースなタイ人の生活指向を表すかのように、ネットでの視聴が大きく延びており、テレビ各局や製作会社もネットでの配信は必須になっている。

今回、成田市を訪れたのは昨年5チャンネルで放送され、好評を博した「タダイマ」という日本を紹介する番組のロケ隊。来日当日に大雪に見舞われたロケ隊は、震えながらも貴重な体験になったといいながら、23日に成田国際空港にも近い成田市場を訪れた。

 「日本の寿司はタイ人も大好きです。築地市場のことはすでにたくさん紹介されていますが、空港の近くにもこういう市場があることはまだ知らないですからね。」と語るロケ隊は偶然、月に一度の感謝デーに行われているというマグロの解体ショーに遭遇。そのダイナミックな包丁さばきに釘付けになったあと、立ち寄った小古間商店では鮮度管理について説明を受けると、日本の市場での徹底ぶりに、さらに驚いた様子。そのままの感動を視聴者に届けたいと興奮気味だった。

 撮影に協力していた小古間商店代表田辺氏は「外国の人にももっと広く日本の魚の食文化を知ってもらえるといいですね。」と語ってくれた。

卸売りの現場を見た後でロケ隊が向かったのは、成田駅からすぐ近くの「鮨やまと」。こちらでも、目の前で披露される職人技に思わず唸り、その値段にも「タイより安い!」とさらに驚きの様子だった。

「タイ人も高級なお寿司を食べるようになったけど、日本とは違う創作寿司が多いんです。魚の味を大切にする本当のお寿司を伝えられるといいですね。」と、今回のロケに満足な様子でスタッフの1人は、「日本の人は、ロケの時も、いつでもどこでも親切。来るたびにどんどん日本が好きになるんです。これからも、もっとロケに来たいですね。」と語ったあと、次はプライベートで彼女と来るとこっそり話してくれた。

 日本を訪れるリピーターが増えるタイからの観光客。すでに個人やグループで自由に旅する事がトレンドになっている。現在、日本の各自治体や企業も呼び込みに躍起になっており、番組へは日本からの取材依頼や問合せも増えているといい、今年もタイの日本ブームは衰えそうもない。

取材協力:小古間商店(成田市場)、鮨やまと(成田シティープラザ1F)


【執筆:そむちゃい吉田】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)