フィリピンのニュース

中国人が浴びせた理不尽な罵声を乗り越えて、豚舎建設準備始まるーフィリピン
配信日時:2016年1月9日 22時57分 [ ID:2948]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

豚舎を建設するための準備が進む。

 2016年1月9日、南シナ海問題など、中国と政治的な緊張が高まっているフィリピン。中国はスプラトリー諸島の人工島で、旅客機のテスト離発着を行ったばかりだが、上半期には戦闘機で飛行訓練を行うと、中国軍OBが見通しを伝えており、中国の実効支配強化に、フィリピンも強く警戒している。

 中国に対して批判するフィリピン人は多いが、経済的な結びつきは強く、中国資本や中国製品の浸透度は高い。

 2015年12月3日に配信した「中国人が浴びせた理不尽な罵声は、人生で一番の屈辱!」の続報。ミリンさんの故郷は、レイテ島に隣接しているビリラン島の丘の上にある小さな集落。橋で両島は結ばれているので、レイテ島のタクロバン空港から、3時間程度で到着できる。

 小さな養豚ビジネスの為の準備が始まった。丘の上で井戸が掘れない為、自前で水道ホースを購入し敷設することになった。養豚では豚舎の清潔を保つためたくさんの水が必要なためだ。

 豚舎建設地の草抜きも半分ほど完了し、着々と準備が進んでいる。

【編集:高橋大地】

フィリピンの新着ニュース

八戸学院カーテル高等学校(フィリピン・ターラック州サンマニュエル市・2018年7月4日撮影)