タイのニュース

【タイ】逮捕後に日本人になりすました中国人に、笑えないコントだとあきれるタイメディア

配信日時:2016年1月5日 9時00分 [ ID:2934]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ガイドに引き連れられて、パタヤの夜の街を散策する中国人観光客

 2016年1月5日、中国人による騒動が月に何度も報道される事が多かった2015年。9月に発覚した窃盗事件がタイでもあきれられている。宝石を窃盗し、飲み込んで出国しようとした中国女は日本人を装っていた事がわかった。さらに盗まれた宝石が偽物だったことも発覚。被害に遭った販売店も摘発されるという、まるで笑えないコントのような顛末の事件となった。

 事件があったのは、バンコク郊外のムアントンタニーの国際展示場で、中国人女性がダイヤを品定めするために手に取ると、店主が目を放した隙に飲み込んだ。その後、ダイヤが無くなっている事に気がついた店主が警察に通報。空港から出国しようとしていた犯人を逮捕した。

 犯人の中国人女性は、ダイヤを飲み込んでいたものの、レントゲン写真から腹部に陰影を確認。収容先の病院で摘出された。

 中国人女性は、警察の取り調べの際に「申し訳ありませんでした」と日本語で謝罪。日本人を装うも不自然だったことで、身分証として提示されたパスポートから中国籍であることが判明した。

 警察はレントゲンで女性が飲み込んだダイヤを確認したが、見つかったダイヤが偽物だった事が発覚。この盗まれた偽物ダイヤを販売していた店も摘発された。

 タイのメディアは、この事件をあきれるとともに、まるでウケないコントみたいなストーリーだと報じるとともに、中国人による続発するお騒がせな事件にうんざりといったコメントが多く見られた。



【翻訳/編集:RD】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)