タイのニュース

【タイ】海を眺めながら落ち着いて過ごせるジョムティエンビーチ
配信日時:2015年9月22日 9時00分 [ ID:2535]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

パタヤやジョムティエンの海はあまりきれいではないが、眺めている分にはリゾート感があるので、こういったビーチ沿いのレストランは楽しい。(高田胤臣 撮影)

 2015年9月22日、バンコクから最も近いリゾート地であるパタヤ近くにあるジョムティエンビーチ。

 パタヤは近年、街全体が歓楽街化してしまい、のんびりと過ごしたい観光客にはあまり向いていない観光地になってしまった。

 そんな中、パタヤビーチの隣にあるジョムティエンビーチは、パタヤ同様に発展して大きくなりつつあるが、まだまだ落ち着いて過ごせる場所である。

 道もビーチ沿いに1本なので、どのホテルに泊まっても目の前に海が広がっている。また、レストランも多くあるので、食事の心配はいらない。

 中でもビーチ沿いの道をパタヤとは反対の方にまっすぐ行った突き当たりにある「ルン・サワイ」は、タイ人に人気のシーフードレストランだ。日本人にとっては決して新鮮とは言えないので生ものは気をつけたいだが、眼前に海が広がっているので、昼間も潮風に当たりながら涼しく楽しめる。タイ人向けなので値段も手頃なのもまた魅力だ。

 エビやカニ、数種類の魚は生け簀から捕って捌いてもらえ、また、カブトガニなどもあるので、タイならではのシーフードも揃っている。駐車場もあり、近辺には頻繁に路線バス代わりのピックアップトラックも往来しているので、レンタカーなどがなくても行きやすい。

 ジョムティエンビーチは、パタヤへも車で10分程度なので、ジョムティエンを拠点にして、夜はパタヤで遊ぶという観光客も多い。

【執筆:高田胤臣】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)