タイのニュース

【タイ】バンコクの空港で大騒ぎ「迷惑な中国人の旅行者はなぜ頻繁に登場するのか」ー航空関係者に聞く
配信日時:2015年9月8日 12時15分 [ ID:2483]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

パタヤ沖のラン島・中国人観光客のイメージ

 2015年9月8日、タイ・バンコクのドムアン空港で4日、出発便の遅延に怒った中国人団体旅行者の一団が、利用する航空会社に無理難題を要求した後、ロビーで中国国歌を大合唱する騒ぎを起こしたことは、中国国内でも問題視する傾向が強く、多くの中国メディアが7日付けで報じている。

 中国人によるトラブルが、なぜ多いのか航空関係者に聞いた。「航空機が悪天候で遅延し、折り返し便が遅れたり、点検整備で出発が遅れる事は、時々起ります。中国人以外のお客様の中にも、無理難題を言われるお客様もいますが、丁寧に謝罪し、事情を説明すればご理解いただけることが多いです。

 中国人のごくごく稀なお客様の場合は、いきなり怒鳴る事から始められたり、中国人だから差別されているとの、被害妄想が根底にあり、強く相手を威圧しなければ、相手に言いくるめられてしまうのではとの猜疑心があるように感じます。

 1人1人では、要求が通らなくても、大勢で大騒ぎすれば、自分たちの要求を聞き入れてくれるだろうとの、短絡的な思考で、周りの人達を扇動するのです。また、その扇動に迎合されるお客様が出てきてしまいます。理屈ではなく、パワーを示す事、大きな声が効果的だと思われているようで残念です。

 中国人団体旅行者には、中国からの添乗員が同行しているのですが、添乗員の静止を聞かず、喧嘩腰になりやすいお客様も多いです。

 対策としては、中国を出発される前に、航空機は悪天候で遅れることがある。出発前に、点検で不具合が見つかった場合は、整備してからでないと運航できない事。これは、お客様の安全を守るために必要不可欠だという事を良く理解されてから、ご旅行をしていただけると助かります」と話した。

【編集:MM】

タイの新着ニュース

右から、グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁エリートスポーツ・スポーツ科学担当副総裁)、ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ副大臣)、シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ王国特命全権大使)、稲田正彦氏(JATA海外旅行推進部長)